テンプレートの設定法


 あらかじめ、Seesaa 公式テンプレートのなかから、「右サイドバー」のテンプレートを一つ選択しておきます。(どれでも構いません。最近のは、たいていが右サイドバーです。)

 このあと、いよいよ、設定が始まります。(以下で実際にやる操作は、「コピー」と「貼り付け」だけです。)

 Seesaa の管理画面で、「デザイン」のページを見ると、画面の下半分に、現在設定されている項目が表示されます。
 その項目名(現在表示されている項目名)をクリックすると、スタイルシート(CSS)を設定する画面が現れます。

 この画面では、最初に「スタイルシート・タイトル」という1行の欄が現れ、その下に、「スタイルシート」という大きな欄が現れます。
 そこで、次のことをします。

 (1) 「スタイルシート・タイトル」という1行の欄には、適当に名前を書く。(名前は、本サイトでもともと命名されているので、それを使うといいでしょう。例。「虹」とか「レカミエ」とかいう名前。テンプレートの名前。)
 (2) 「スタイルシート」という大きな欄には、本サイトにある設定ファイルの内容を、そのまま貼りつけます。
( ※ 例。本サイトにある「虹」というテンプレートを選んだあとで、そのテンプレートの設定ファイルを開く。その設定ファイルの内容を、「すべて選択」して、コピーしてから、上記の欄に貼りつける。)



 ※ 以上は、概要です。
   詳しい説明は、別のサイトにある解説をお読み下さい。

     → http://tagebuch-zweit.seesaa.net/article/3459223.html
        (画像入りのていねいな解説)

   これは別サイトにある解説ですが、この解説はそっくりそのまま、
   本サイトのテンプレートの設定に適応できます。






 【 注記 】
 本サイトのテンプレートは、Seesaa 非公認です。
 つまり、Seesaa がサービスを提供しているものではありません。ただの個人サービスです。その点に不満である方は、ご利用をおやめください。

 なお、初心者のご利用は、お勧めしません。


 【 注記 】
 すべて、「右サイドバー」用です。
 あらかじめ、「右サイドバー」に設定しておいてください。

  ※ 両サイドバーの利用は、お勧めしません。(読者に不便になることがあります。)
  ※ 左サイドバーは、右サイドバーと、実用上は違いはありません。
    ただの気分の差ですから、あまり気にしないで下さい。
  ※ どうしても左サイドバーを使いたい場合には、後述の【 付録 】を参照。





 【 オマケ 】
 ユーザーの操作ミスにより、配置がおかしくなることがあります。その場合の対処法を示します。

 本サイトのテンプレートを設定しても、そのこと自体で、トラブルが起こることはありません。
 仮に、トラブルが起こったとしても、Seesaa の公式テンプレートに戻せば、それで簡単に解決が付きます。
  「本サイトのテンプレート  →  Seesaa の公式テンプレート」
 というふうにテンプレートを変更するだけです。通常のテンプレート設定の方法により、ボタン一発で済みます。

 操作ミスなどにより、配置がおかしくなることがあるとしたら、本サイトのテンプレート自体のせいではなくて、ユーザーがカスタマイズに失敗した場合です。
 本サイトのテンプレートを得たあとで、それをユーザーが自己流にカスタマイズしようとすると、カスタマイズに失敗することがあります。もちろんそれは、本サイトのテンプレートのせいではなくて、単にユーザーの操作ミスが理由です。
 しかし、とにかく、本サイトのテンプレートを使ったあとで、デザインが崩れて、そのまま操作不能になることはあります。その場合にどうしたらいいか、対処の方法を示します。(本サイトの担当の範囲外ですが、読者向けのサービスとして、情報を提供します。)

 カスタマイズに失敗するとしたら、次の場合でしょう。

 ユーザーが自己流でカスタマイズして、いろいろと項目の配置をカスタマイズする。
 項目の配置の仕方を、「右サイドバー」や「左サイドバー」や「両サイドバー」などの間で、大がかりに変更する。


 こういうことをして、設定が崩れた場合には、次の処置を取ると直せます。

 (1)
 あらかじめ、テンプレートは、「右配置」の新しいものを選択しておく。
 選択後に、「スタイルシートの保存」と「再構築」を実施する。

 (2)
 それでも直らない場合には、「デザイン」の「コンテンツ」のページで、(記事以外の)該当項目を、「右サイドバー」に移動させておく。
( ※ 異常がある場合には、本来は「右サイドバー」にあるべき項目が、左サイドバーなどに変更されているはずです。それを戻すわけ。)






 【 付録 】( 左サイドバーの使い方 )
  • 本サイトのテンプレートは、右サイドバー専用です。左サイドバーを使えないというのは、原理的に絶対に不可能だというわけではなくて、トラブルを避けるためです。右サイドバーにしたり、左サイドバーにしたりすると、設定を変える操作の途中で、配置が崩れて、うまく直せなくなることがあります。というわけで、初心者は、どちらか一方にした方がいいのです。
     というわけで、推奨では、「右サイドバー専用」としています。ただし、十分な知識があれば、左サイドバーを使っても構いません。
  • 特に問題なく、左サイドバーの設定で、現在の設定ファイルをそのまま使えるタイプもあります。20,21,25,45,47 の5個がそうです。これらは、設定ファイルをそのまま(変更せずに)左サイドバーでも使えます。
  • 残りのものは、左サイドバーでは使えません。無理に左サイドバーで使うと、配置が崩れます。これを解決するには、設定ファイルをいくらか書き換える必要があります。書き換え方については、詳しくは説明しませんが、次のサイトを参照にしてください。(これは、右サイドバーを、サイドバーに書き換える方法。)
      → http://blogcustomize.seesaa.net/article/4821653.html
  • 前項(すぐ上)での書き換え方は、左サイドバーにしたい場合も、両サイドバーにしたい場合も、やり方はほぼ同様です。
  • 本サイトのテンプレートの 20,21,25,45,47 の5個は、左サイドバーにしたいときには、そのまま使えますが、両サイドバーにしたいときには、部分的に書き換えることが必要です。
      #content {
      FLOAT: left; MARGIN: 25px 10px 30px; WIDTH:
    72%
    という箇所があるので、この「72%」という数値を、48%以下の小さな値にすることが必要です。
  • ※ 以上では、書き換え方を説明しましたが、必ずうまく行くことを保証するわけではありません。書き換えミスをすると、配置が崩れることがあります。あくまで自己責任でご利用下さい。
   






 ※ 質問は受け付けておりません。すべて自己責任でご利用下さい。
 ※ ただし、ブログ上で、読者同士で意見交換するのは、構いません。